携帯料金を滞納したらどうなるの?

 

携帯は誰もが持っているものという時代になりましたが、時に問題になるのが携帯料金です。つい使い過ぎてしまうと、携帯料金の請求が思っていたよりも高くてすぐに払えず滞納してしまう、という事が問題になっています。

 

携帯料金を1日でも滞納してしまうと、すぐに電話が使えなくなるという事はありません。
しかし、10日も過ぎれば携帯料金が滞納している事・○月○日までに支払ってくださいという督促状が届きます。

 

その期日までに携帯料金を支払わなかった場合には、携帯電話が使用できなくなります。
通話やメール等が使えなくなるので、携帯電話としての役目はほとんど果たさず、とても困ります。

 

利用停止後はコンビニ等で滞納していた携帯料金を支払えば、再度使えるようになります。もしも、使えなくなってもさらに携帯料金を払わずに滞納し続けた場合には、強制解約という手続きが取られます。

 

強制解約になると、その携帯会社はもちろんですが、他の携帯電話会社でも携帯が契約できなくなると言われています。ブラックリストとして、各携帯会社が情報を共有しているのです。

 

強制解約になると、滞納していた携帯料金を払っても、元の通りに携帯が使えるようにはなりません。
強制解約後も携帯料金を滞納したままにしておくと、債権回収の専門会社から督促状等が送られ、最終的には法的措置を取られる可能性もゼロではありません。携帯料金は滞納しないようにしましょう。

 

このような状況になる前に、お金を工面するしかないのですが、そこでオススメな方法がキャッシングです。
キャッシング業者でオススメなのはアコムですが審査基準も柔軟に対応してくれることから人気になっています。

 

携帯代金が払えない時

 

携帯料金が払えない時は、電話を掛けてきた人にすぐばれてしまいます。
例えば携帯を紛失して電話を止めたという場合とは、アナウンスが違うのです。

 

紛失や何らかの理由で自分から電話を止めた場合は、お客様の申し出により、というアナウンスです。
しかし、携帯料金が払えない時には、お客様の都合により、というアナウンスなのです。

 

これを知っている人には、この人は携帯料金が払えなかったんだな、とバレてしまうのです。とても恥ずかしい事ですし、仕事で使用している電話なら、お金にだらし無い人なのかと思われたり、信用を失ってしまう可能性もあります。
そんなことで信用を失ってしまう前にお金 借りることも視野に入れましょう。

 

そんな事にならないように、自分の払える範囲で携帯を使用するのが一番大切な事です。仕事等で使用しているので携帯が止まると困るという方や、どうしても次にお金が入ってくる日が携帯料金の支払い日に数日間に合わない、という場合には、キャッシングを利用するという手段もあります。

 

数日だけなら無利息で貸してくれるところもありますから、相談してみるのも良いでしょう。
しかし、飽くまでも借りているお金ですから、借りる金額は最小限に留め、お金が入ればすぐに返済するようにしましょう。携帯料金が払えない時、どうしても止めたくない時には、キャッシングを上手に利用しましょう。

 

キャッシングを利用するにもコツがあるのですが、それは無利息サービスを利用することです。
無利息サービスを売りにしているプロミスの口コミサイトになります。
プロミスの審査基準は!?プロミスでは限度額の増額は出来るの!?

 

光熱費: 滞納したらどうなる?

 

電気・ガス・水道というのは、現代の日本で生活していく上で、どうしても欠かせないものです。
そんな生活に必要な電気・ガス・水道にかかる費用は光熱費と呼ばれます。

 

もしも、光熱費を滞納したらどうなるのでしょうか?
1日でも支払いが遅れたらすぐに使えなくなるという事はありません。
もちろん滞納すれば、督促状などが送られてくるようになります。
督促状を無視し続けると、いずれは止められる日が来ます。

 

そうなる前にプロミスからキャッシングをするのも一つの手でしょう。
プロミスの審査は満20歳から69歳であれば誰でもネットから簡単に出来ますので便利なサービスですね。

 

事前に、○月○日に供給が停止します、という旨の通知があるので、それまでに支払いをすれば止まる事はありません。生きていく上で絶対に必要で無い物から止まると言われており、まずは電気が止められ、次にガス、命に関わる水道は最後、という順番で止まるとされています。

 

滞納しだして2〜3ヵ月でとめられますが、水道だけは止められるまでに約半年程の猶予があります。もしも止められても、光熱費の滞納分を支払えばすぐにでも復旧してくれるので、支払えるようになったらすぐにでも支払うと良いでしょう。

 

本来であれば光熱費を滞納しないのが一番良いのですが、どうしても支払いが遅れる時には、出来るだけ早く各供給会社に連絡をして、遅れる旨の連絡と共に支払いの相談等をするのがおすすめです。

 

家賃の滞納は何カ月まで平気なの

 

家賃は賃貸住宅を借りている以上は、毎月必ず必要なものです。
しかし、生きていると様々なアクシデントが起こり、今月はどうしても支払いが難しいという時もあります。
家賃を滞納してしまった場合、何カ月まで平気なのかという具体的な判断は、大家さんや管理会社によるので一概には言えません。

 

家賃振込み日に間に合わなかった場合、まずは電話等で連絡が来ます。
うっかり忘れていて、家賃滞納という事になってしまっていた場合には、すぐに振り込みましょう。

 

すぐに振り込むお金が工面を出来ないのでしたらアコム 店舗でそのことを相談してみましょう。

 

連絡後も滞納していた家賃を払えなかった場合には、再度電話や文書等で督促され、直接訪問される場合もあります。また、連帯保証人にも連絡が行くでしょう。

 

3〜4カ月過ぎても滞納状態であれば、大家さん等から契約解除とされてしまい、強制退去になります。あくまでも一般的な流れですから、3カ月までなら強制退去させられないのかと勝手に思い込んだりしてはいけません。

 

家賃が払えないかもしれないという危機感を感じた場合には黙って放置せず、事情があるならきちんと説明し、早めに家賃の支払いについて相談するようにしましょう。
一番大切なのは、無理をして支払いが難しくなるほどの家賃の家には住まず、収入に合った家賃の家に住むようにする事です。

 

家賃滞納すると強制退去になる可能性があります

 

生きていれば色々な事が起こり、思ってもいない事に遭遇する事もあります。
どうしてもお金が尽きてしまい、来月の給料日でなければ家賃が払えないという事もあり得ます。
最悪の場合、家賃滞納が続くと強制退去という事になってしまう場合もありますから、家賃はキチンと支払うようにしましょう。

 

家賃滞納は1回位であれば、大家さんも話し合いに応じてくれる可能性が高いですから強制退去の心配をしなくても大丈夫です。連絡をして遅れる旨を謝り、いつまでに支払えるか等を話し合い、期日までに支払うようにすれば大丈夫です。

 

家賃滞納による強制退去は、一定の流れがあります。
延々と家賃滞納が続き、家主と借主の信頼関係が崩壊した場合、家主は一定の期間を決めた後に明け渡しを求める事が可能となります。

 

契約解除や明け渡し請求をしても借主が立ち退かなかった場合、家主は明け渡しを求めて裁判を起こし、勝訴した場合は強制退去を行う事になります。家賃滞納から強制退去に至るには、裁判での判決等を待たなければならないので、1年ほどの時間がかかると言えます。

 

家賃は払って当たり前です。
強制退去は恐ろしいと思う前に、家賃滞納をしないよう自分が支払い可能な家賃をしっかり計算する事が大切だと言えるでしょう。

 

強制退去なんてなったら住む場所がなくなり路頭に迷うことになります。
ここまで傷を広げる前にアコムにて借入しましょう。
アコムでは収入証明書不要で50万円までお金を借りることが出来ますが、はじめから限度額をあげたいのでしたらこの方法が一番です。
アコムの限度額を増額したいのでしたらこの方法がオススメがあなたのお役にたつでしょう!

 

関連メニュー

アコム マスターカードの審査基準をまとめてみました!!